読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

第1回「上手(じようず)なスピーチ」ユーモア、笑い

第1回
「上手(じょうず)なスピーチ」
ユーモア、笑い
 
イメージ 1
 
 
 
1.「一流の人材」のスピーチ
 
◆スピーチの冒頭に、『ユーモア』を発して、会場の「硬い雰囲気」を、自然に、和らげることが出来ます。また、話の途中にも、さりげなく、『笑い』をはさむことが出来ます。
 
※キーワード……「聴衆への気遣(きづか)い」
 
■スピーチの流れも、キーワードを繰り返し使用して、視聴者の頭にスーッと入り込む様に、テンポよく、話を進めることが出来ます。
 
※キーワード……「ストーリーの構成、組み立て(例えば、『起承転結(きしょう・てんけつ)』の採用とか。)」
 
◎テーマの選択も、「聴衆の共感」を呼ぶ物を選び、聴衆に感動を与えることが出来ます。
 
※キーワード……「上記の『起承転結』を採用した場合、特に、『転(てん)』の話題に、興味・関心のあるテーマを選定」
 
 
 
2.「二流の人材」のスピーチ
 
キーワード(キーポイント)を使用して、分かりやすく、話を進めることが出来ません。従って、聴衆を魅了するスピーチが出来ません
 
 
テーマの選択も、タイムリーに、「聴衆と共有」する物を選ぶことが出来ません。
 
 
 
3.「三流の人材」のスピーチ
 
◆テーマの選定も、的外(まとはず)れな物であり、話し方も、メリハリが効(き)いて無い為に、聴衆は、何を話しているのか、理解に苦しみます。
 
■かつ、早口で声も小さく、滑舌(かつぜつ)も悪い為に、聴衆は「苦痛な時間」を強(し)いられます。
 
イメージ 2
 

 

以上です。