読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

第91回 「始めることを忘れない」 希望は、心のカーテンを開(あ)ける。

第91回 「始めることを忘れない」
希望は、心のカーテンを開(あ)ける。

 

お仕事、家事仕事、子育て
本日も、お疲れ様です。

 

1. 韓国テレビドラマ 「みんなキムチ」
TVQ九州放送 2016年11月7日・月曜日放送分 (第28話)

 

白菜農家の社長から主人公の妻への台詞(せりふ)です。
「毎日、コツコツと、一つずつこなしていけば、気付いた時には、終わっていますよ。」

 

千里の道も一歩から。
自分に課せられた目標達成(ルーティン業務、新規業務)に向けて、倦(う)まず弛(たゆ)まず[飽(あ)きずに、まっすぐ]、取り組んでいきましょう。

 

2. 韓国テレビドラマ 「みんなキムチ」
TVQ九州放送 2016年11月9日・水曜日放送分 (第30話)

 

白菜農家の社長から主人公の妻への台詞(せりふ)です。
「うちの庭のキムチ(立て看板)」の下に、主人公の妻が、大切に管理している、「四つのキムチかめ」が、地中に埋められています。

 

「あなたの好きな場所を守りたかったんだ。キムチかめを見つめている時が、一番、落ち着くと言っていた。その気持ちがあればいい。その気持ちがあれば、いくらでもやり直せる。」

 

人生は、七転(ななころ)び八起(やお)き。
課題達成(新規顧客開拓など)に、失敗して落ち込んでも、クヨクヨすることはありません。青春に、挫折は付き物なのだから。

 

3. NHK・Eテレ「スイッチインタビュー達人達(たつじん・たち)」
2016年1月9日・土曜日放送分 (100回スペシャル)

 

当時104才の医師、日野原 重明さん(ひのはら)と、
当時103才の美術家、篠田 桃紅さん(しのだ・とうこう、女性)との対談

 

始めることを忘れない。
人間、何才になっても、新しいことに、チャレンジしていく気持ちを保持する。

 

希望は、心のカーテンを開(あ)ける。
希望を持てば、新しい道を切り拓(ひら)いていく、前向きな気持ちがわいてくる。


以上です。