読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

第95回 「アメリカ映画 西部開拓史」 away  away  come  away  with  me

人間関係、信頼関係

第95回 「アメリカ映画 西部開拓史」
away  away  come  away  with  me

 

お仕事、パート業務、家事仕事、子育て
本日も、お疲れ様です。

 

1. 「草原の我が家(草原の家)」 邦題では、「牧場の我が家」です。
この映画の挿入歌(イングランド民謡)の、タイトルです。

 

「西部開拓史」は、1962年(昭和37年)11月、日本公開の米国の超大作です。
※ストーリーは、第1部から第5部までの、5部構成となっています。
※ハリウッド全盛時代の、超有名な24名のスターが、競演しています❢

 

原題は、「How the west was won」です。
※wonは、winの過去分詞。全体は、受け身の文章。

 

西部は、どの様にして、獲得された(勝ち取られた)のか。
※TSUTAYAの「西部劇コーナー」で、レンタル中です。

 

映画の中で、主人公のDebbie Reynolds(デビー・レイノルズ、女性)が、綺麗な声で、この歌を歌っています。

 

◆第1部では、
エリー運河(うんが)を航行する船の渡し場にて、アコーディオンを弾きながら、この歌を歌う場面があります。(1番の歌詞を歌っています。……今回、一部を紹介)

 

◆第2部では、
酒場のホールで、5名の楽団をバックにして、この歌を歌う場面があります。
(2番の歌詞を歌っています。……今回は、省略)

 

2. 新天地に赴(おもむ)く、移民ファミリーの盛んな心意気
イングランドアイルランド → 新天地のアメリカへ
米国の東部 → エリー運河を経由 → 新天地・米国の西部へ

 

心に響く歌詞(lyrics)、心を癒(いや)すメロディー
なお、歌詞(lyrics)は、Sammy Cahn(サミー・カーン)が、作りました。

 

come  come  there`s  a  wondrous  land
行こう 素晴らしい国へ

 

※wondrous (実に素晴らしい、驚くべき)
※there`s は、there is の短縮形 

 

for  the  hopeful  heart  for  the  willing  hand
望みを胸に 思いを手に

 

※willing (積極的な気持ちを持っている、自ら進んでやる)

 

3. away  away  come  away  with  me
はるか かなたへ 共に行こう

 

私が、この映画を鑑賞したのは、浪人時代(大学受験)の1970年(昭和45年)でした。
当時、福岡市中央区天神にあった、朝日会館(70mmの大スクリーン映画館)にて。

 

あなたが、これからも、素晴らしい人生を、明るく歩いて行ける様に、私が、引き続き、微力ながら、あなたと共に(with  you)、あなたに寄り添って、あなたの後ろから、そっと、見守っていきたい(フォローしていきたい)、と思っています。

 

以上です。