第172回 「ビリギャル」 教育の目的

第172回

「ビリギャル」

教育の目的

 
坪田 信貴 氏 (学習塾 / 経営者)
映画「ビリギャル」の原作本の著者
 
1.教育の目的
 
 
⑴坪田氏の主張する3項目
 
社会に出るまでに、子供たちが、
 
①自信をつけること
②居場所をつくること
③他者への敬意を持つこと
 
の3項目だ、と思っています。
 
⑵学習塾「坪田塾」の理念
 
「受験を通じて、仲間になり、そこで、信頼関係を築いた上で、教え子たちの一生を応援したい。」
 
 
2.教育とは、「引き出す」こと
 
 
⑴語源 (もとになるラテン語)
 
英語 education (教育)は、ラテン語educere 「引き出す」が、語源と言われています。
 
⑵『違い』を見出す❢
 
①まず、子供たちの言動を、常日頃から、よく見守り・観察する。
 
②そして、彼らの持っている、「引き出し(能力のBОX)」の中から、可能性・適性を見付け出す(引き出してあげる)。
 
③さらに、その能力を、伸ばして(手助けして)あげ、開花させることだ、と思います。
 
 
3.もう、ひと味(新コーナー)
 
 
⑴「敬老の日」特集で、テレビ出演した83才の男性
 
①「家庭の事情」で、高校進学ができなかった。
②通信教育で、高校の課程に入学を希望
 
⑵勉強が、生きがい
 
①「数学の学習」「英字新聞の読解」を、毎日3~4時間、継続中❢
 
②勉強することが、出来ている幸福感。
『長生きすると、いいことがある❢』と語った、この男性の発言に、共感しました。
 
以上です。

第171回 「大阪 / 登美丘高校ダンス部」 Take a passion ❢

第171回

「大阪 / 登美丘高校ダンス部」

Take a passion ❢

 

自分を信じて

Make it happen (きっと、できる)

 

1.大阪府立 / 登美丘(とみおか)高校ダンス部

 

 

⑴2016年、全国大会で優勝❢

「ハイレグのレオタード姿」でのダンスで、他チームを圧倒する。

 

⑵映画「フラッシュ・ダンス」の振り付け

 

テレビドラマ『スクール・ウォーズ』の主題歌、「ヒーロー(朝倉 未稀さん)」に合わせて、ステージ上で、躍動する

 

 

2.Take a passion ❢

 

 

⑴映画「フラッシュ・ダンス」の主題歌

『What a feeling (なんて、最高の気分なの❢)』の歌詞の一部

 

⑵鬼コーチ・akaneさん(25才、女性)の、「ダメ出し」の熱血指導のもと、

 

①take a passion

「自分を信じて」「情熱を感じて」

 

②and make it happen

「きっと、できる❢」「実現させよう❢」

 

という気持ちになった、ステージ上の40人が、大好きなダンスを、『flash (誇示、誇らしげに示すこと)』したのだ、と思いました。

 

以上です。

 

第170回 「大阪府立・登美丘高校ダンス部」 バブリー・ダンス

第170回

大阪府立・登美丘高校ダンス部」

バブリー・ダンス

 
ダンシング・ヒーロー
鬼のダメ出し(akaneコーチ25才)
 
1.大阪府立・登美丘(とみおか)高校ダンス部
 
 
⑴「熱狂」女子高生
 
①圧倒的な練習量(1日約9時間)
 
「ダンシング・ヒーロー」の曲に合わせた、キレッキレのバブリー・ダンス
動画再生回数(290万回突破❢)
 
2分30秒の、渾身(こんしん)のステージ
 
第10回日本高校ダンス部選手権
惜しくも、第2位(準優勝)に終わる。
 
鬼のダメ出し(akaneコーチ25才)
 
①90名のダンス部員(すべて女子)
 
「ダンス部に、入部したくて受験した学生が、半数以上いる。」という人気ぶり
 
②最高のパフォーマンスを出す為の『熱血指導』
 
「ダメ出し」された、ある部員の受け止め
「akaneコーチは、大勢の部員の中で、私を見てくれている❢」
 
「それでも、akaneコーチが、大好きです。」と、ポジティブな受け止め方をしていました。
 
 
2.鈴木 砂羽(さわ)さん「土下座騒動」との比較
 
 
⑴登美丘高校の部員と、akaneコーチとの間には、心の絆・信頼関係が、確立・構築されていました。
 
⑵しかし、「土下座騒動」の場合には、鈴木砂羽さんと、降板した二人の女優との間には、『ラ・ポール(心のベルト)』が、かかっていなかったのでしょう。
 
以上です。
 

 

第169回 「命の授業」 もと体育教師・腰塚 勇人 氏

第169回

「命の授業」

もと体育教師・腰塚 勇人 氏

 
 
人生は「きょう一日」の積み重ね
毎日を一生懸命に、生きること
 
 
1.もと中学校の体育教師・腰塚 勇人 氏
 
 
⑴スキー転倒事故で、首を骨折
 
①1965年、神奈川県生まれ、51才
②2002年の事故で、手足の自由を失う。
 
③奇跡的に、回復・復活した経験を、『命の授業』として、講演している。
 
 
⑵まる7年間、全国で、1,300回の講演
 
①一日一日を、大切に、生きていく❢
何故ならば、「命」は、いつ、終わるか分からないから。
 
②自分の「夢」は、他人と比較して、競争するものではない。
 
③頑張った自分を許してあげる。そして、また明日から、頑張っていけばいい。
 
 
 
2.資料出所
 
 
⑴フジテレビ「テレビ寺子屋
 
 
⑵2017年8月27日(日)
午前5時30分~6時、放送分より
 
 
⑶現在66才の、私の場合
 
小学校、中学校の同窓生が、数多く他界している現状から、「命は、いつ、終わるか分からない。」という指摘は、十分に、納得できる『訴(うった)え』でした。
 
 
以上です。

第168回 「ライフ・シフト」 人生100年時代

第168回

「ライフ・シフト」

人生100年時代

 

二足(にそく)の草鞋(わらじ)を履(は)く

学び直し(教育機会の確保)

 

1.ライフ・シフト

 

 

⑴今までは

「教育→仕事→引退(老後)」という、3ステージの人生

 

①二足(にそく)の草鞋(わらじ)を履(は)く

 

◆意味「両立し得(え)ない様な、二つの職業を、一人ですること」

「相反(あいはん)する様な仕事を、同じ人が、兼(か)ねること」

 

◆この様な人材は、極めて、稀(まれ)でした。

 

※ほとんどの人々が、「(ある一つの仕事で) 仕事一途 (いちず)」の人生でした。

 

◆かつて、小椋 佳さん(おぐら・けい)という歌手がいました。

代表曲は、「シクラメンのかほり(香り)」です。

 

※銀行員と歌手を、同時に、こなした人物でした。

 

②これからは

「マルチ・ステージ」の人生へと、「様変わり」します。

 

※80才まで現役で、仕事に従事する。

 

※その期間内に、「再教育」「副業」「ボランティア」なとを、自由にシフトしていく、『働き方』になっていく気がします。

 

③「スキル」「健康」「人間関係」などの

『見えない資産(無形の資産)』を、どう、育(はぐく)んでいくか。

 

⑵生涯を通じて、「変身」を続ける覚悟が、求められます。

 

①いまや、2007年に生まれた人の半数が、「100才になる時代」を迎えます。

 

※「100才まで、幸せに暮らせる能力」を、育んでいく必要があります。

 

②新しい人生の「節目」と「転機」の出現

 

◆自分が、過去に修得した技術が、今の時代に、陳腐化(ちんぷか)して、「時代遅れ」になっている。

 

◆教育機会を確保して、「学び直し」の環境を設定する動きが、政府を中心にして、本格化してきています。

 

⑶資料出所

「LIFE SHIFT (ライフシフト) 100年時代の人生戦略」より。

 

※リンダ・グラットン、アンドリュー・スコット 共著

東洋経済新報社

 

 

2.本田 真凜(まりん)選手(2001年生まれ)

 

 

⑴フィギア・スケートのジュニア大会を卒業して、今シーズンから(16才になったので)、「シニア大会」に初参戦しました。

 

⑵Stay Gold

 

①意味 「輝かしく、あり続けろ❢」

 

※「若く、純粋な気持ちのままで、いて❢」という意味合い

※stayは、ここでは、keep(現状を維持する)という意味です。

 

②若い青春時代を、「gold」と表現しています。

 

※彼女は、「赤ちゃんの様に、ツルツル、すべすべの、白い肌」です。

※キラキラと、光り輝く、本田 選手を応援しています❢

 

 

以上です。

第167回 「大人の脳は成長しない / 誤解」 海馬(かいば)の働き

第167回

「大人の脳は成長しない / 誤解」

海馬(かいば)の働き

 

知的好奇心(Intellectual Curiosity)

海容(かいよう)

 

1.「大人の脳は成長しない。」という大きな誤解

 

 

⑴「小指ほどの大きさの器官」で、私達の記憶を担当している、「海馬(かいば)」だけは、脳細胞を新しく、生み出しているそうです。

 

⑵『勉強好きな人』の脳は、老化しにくい。

即(すなわ)ち、「脳への栄養」は、知的好奇心なのです。

 

①「知的好奇心」とは、

※Intellectual Curiosity

 

◆知りたい

◆学びたい

 

◆達成したい

といった、「気持ち」のことです。

 

②「自分がしたい」と思える勉強に、熱心に取り組みましょう。

 

そうすることが、「脳の老化」を防ぎ、「脳の成長を促す」ことだと自覚して、『知的好奇心』を、大いに、発揮しましょう❢

 

 

2.海容(かいよう)

「知的好奇心」で、この語句を、マスターしましょう❢

 

 

⑴第166回

「突然キレる高齢者 / ストレス・フリー」に関連して

 

①海容(かいよう)の意味

「海の様な広い心で、人の非礼や過失を許すこと。」

 

⑵用例

 

①「失礼の段(だん)、何卒(なにとぞ)、ご海容ください。」

 

※段(だん) 「次第(しだい)、こと、点」

※何卒(なにとぞ) 「どうぞ、どうか」

 

②多く、手紙文で、使われる。

※ご海容ください。→ 「お許しください。」

 

以上です。

第166回 「突然キレる高齢者たち」 ストレス・フリー

第166

「突然キレる高齢者たち」

ストレス・フリー

 

暴行、傷害事件/10年で4倍

世の中の変化

 

1.急増、突然キレる高齢者たち

 

 

高齢者による、暴行、傷害事件は、ここ10年で4倍に、急増しているそうです。

 

⑵「身体的要因」および「環境的要因」が、指摘されています。

 

①また、世の中の急速な、グローバル化の変化に、ついていけない『ストレス』も、原因の一つにあげられています。

 

②社会との関(かか)わりの薄さ、独居老人の寂しさなどが、「怒りの感情」と、相俟(あいま)って【一緒になって】、暴行・傷害という、『はけ口』となり、現れているのでしょう。

 

⑶ビジネス・パーソンにおいても、「怒りの感情」をしっかり、コントロールして、一人ひとりに、『寛恕の心』で、対応していきましょう❢

 

①寛恕(かんじょ) 

「心が広く、思いやりが、あること」

「心を広くして、過(あやま)ちなどを、許すこと」

 

②寛 かん 「豊か。心が大きい。度量(どりょう)が広い。」

恕 じょ 「許す。大目に見る。」

 

⑷66才の私の場合には、もう、仕事をリタイアしていますので、引き続き、「好好爺(こうこうや)」を目指(めざ)して、地域の人々に、接していきたいと思っています。

 

①好好爺(こうこうや) 「優しくて、人の好(よ)い、老人」

 

 

2.ストレス・フリー

 

 

⑴携帯通信大手の、ソフトバンクが、今般、『ストレス・フリーの料金プラン』を発表しました。

 

※~・フリー 「~の無い」

 

①「今月、容量が、あと何ギガ残っているか」というチェックで、ユーザーが、『ストレス』を感じなくていい様に配慮した、との提案でした。

 

⑵先ほどの、「キレる高齢者」も、自分の『心の容量(度量)』を大きくして、周囲の状況をゆったり、受け入れ、「若者たちの良いお手本」になることを、心がけねばなりません。

 

※度量(どりょう)

 「人の言行(げんこう)を、受け容(い)れる、寛大な心」

 

 

以上です。